マイク音量レベルの調整 (Windows Vista/7)
マイクのボリュームが小さく、他の方に音が聞き取りづらい場合の対策方法です。
  1. スタートボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします
  2. 「ハードウェアとサウンド」をクリックします
    コントロールパネル

  1. 「サウンド」をクリックします
    ハードウェアとサウンド

  1. 「録音」タブをクリックし、表示されているマイクを選択し、プロパティをクリックします
    録音デバイス一覧

    右端にマイクの入力レベルが表示されます。
    (マイクに向かって話したときに緑の線が上下に動くと正常に入力されています)

    以下の状態は、レベルが適切ではありません。

    • 緑の線が表示されない/大きな声の時だけ表示される
      → マイク入力音量が小さすぎる
    • 常に緑の線が上まで表示される
      → マイク入力が大きすぎる

  1. マイクの音量調整スライダーを上げてもマイク入力が小さい場合は、
    マイクのプロパティ[レベル]タブで「マイクブースト」のバーを調整し、数値を上げてください
    マイク入力レベル調整

    マイクのボリュームをスピーカーで音を出している場合、
    エコーがかかりやすい状態になりますので、適宜調整が必要です。

    マイクブーストで増幅した場合、小さなノイズも増幅されて大きなノイズとなり、
    マイク入力音量が大きくなりすぎ、音が割れしてしまうこともありますので、
    適宜「レベル」にて音量調整スライダーで調整してください。

トップページ